体育会の大学生から見た日大アメフト部問題

体育会の大学生から見た日大アメフト部問題

影の加害者は誰か。

最近毎日のようにニュースになっているN大学アメフト選手の危険タックル問題。原因はいまだ謎ですが、選手と監督が辞任してしまうという最悪な結果になってしまいました。

この記事では体育会に所属している僕が体育会としての見解を分析していこうと思います。体育会として戦うことは学校の代表として戦う誇りと責任は競技が変わっても同じであると感じています。

まず結局誰が悪いのかということなのかという問題です。

選手と監督・コーチの言い分が食い違い、何が本当なのか。責任の所在はどこなのか。いまだはっきりしませんが、僕はこう考えます。

メディアが一番悪い。

初めてあの事件をニュースで見たとき。

「なんでそんなことでニュースになるんだ。」

と率直に思いました。悲しい現実ですが、正直な話を言うと監督の指示または選手の判断であのような反則行為をしてけがをさせてしまう事例はあります。

本気でスポーツをする上で避けられないこと。

試合中熱くなって犯してしまう、精神的に追い込まれてやってしまうようなことはレベルが高く、重要な試合になればなるほど起こりやすいのです。私たち人間は理性と本能のはざまで行ったり来たりします。

ルールを守らなくてはいけないという理性は、「勝ちたい」「存在価値を示してチームに生き残りたい」という本能が勝ってしまうときに頭の中から消えてしまうことがある。

私は根っからの内気です。戦いは避けたい性格なので試合中に熱くなってしまうことはありません。(もっと戦う気持ちを前面に出した方がいい時もありますが)しかし危険なプレイや熱くなった後は試合の後には互いに謝り、けがをさせてしまったことを心から反省し、その後の課題として反則をせずとも技術で勝てるように練習に励むのです。特にアメフトなどの接触が多いスポーツはなおさらだと思います。

本当に大切なことは何だろう。

にもかかわらず、なぜこれだけの大きな問題になってしまったのでしょう。メディアが大々的に取り上げてしまったからです。報道関係者が見つけたあの映像を場の状況を知らないに勝手に取り上げたのです。何度も言いますがあのタックルをしたこと、指示をしたことを許すわけではありませんが、当事者2人を全く関係のない顔も知らない人たちが間接的にアメフト界から追放する結果を生んだメディアに最大の責任を置くべきです。

選手にはまだ先の人生があります。もし彼らが相手に謝り、彼らだけの示談で済んでいたならそのままアメフト続けることができたかもしれません。卒業後は大学時代に取り組んだアメフトを生かして選手になっていたかもしれませんし、もしやめていたとしても立派な社会人になっていたでしょう。そんな人生を壊した責任をメディアは問われるべきだと考えます。

この考えは賛否両論あると思いますし、不快に思われる方もおられるかもしれません。ですがこの問題をきっかけに皆さんの本質を見抜く力が問われているのではないでしょうか。メディアは世論の鏡だといわれていますが、私たちが本当に知りたい情報は今ニュースで取り上げられていることでしょうか。何が正しくて何が間違っているかわからないこの世の中で本質をとらえて力強く生き抜くためにはどうすればよいでしょうか。そういった論点を深く考えるいい機会なのではないでしょうか。皆さんもコメントで意見を下されば大変うれしく思います。