大学生に強く勧めたいTOKとは!? ~人生が変わる夢の質問~

大学生に強く勧めたいTOKとは!? ~人生が変わる夢の質問~

あなたはいったい何者ですか?

この質問を聞いて頭がおかしいと思った人が大多数だと思います。私高3の時に初めて聞いたときは何を言っているかわかりませんでした。でもよく考えてみてください。大衆の人が納得するまたは自分が納得する回答を即座に回答できますか?おそらく難しいと思います。この問題のすべてがTOKに詰め込まれています。

さて、皆さんはTOKをご存じですか?またアルファベットを3つ並べてかっこよく見せようとしているな、と思った方もいたのではないでしょうか。この記事を読んだあなたにはこの機会にぜひTOKを覚えていただきたいです。TOKとはTheory Of Knowledge の略で、日本語で言うと「知識の学問」。その名も通り哲学的な分野です。世界規模でみるとTOKは広く学ばれていて、中学高校のカリキュラムに組み込まれている学校も少なくありません。しかし日本では国際科のような英語に特化した学校のコースで数えるほどしか学ばれていません。ましてやTOKを教えることができる先生は日本にほんの一握りしかいません。

TOKとは?

本題に入りましょう。TOKとは知識の学問といいました。

theoryofknowledgestudent.comより引用

TOKの原理の図があります(上図参照)。私たちが知識を得るとき、感情(Emotion)理性(Reason)言語(Language)知覚、感じ方(Perception)をうまく使いながらその外側にある学問、文化、状況、環境、価値、真実などすべての情報を自らの中に取り込んでいきます。TOKではこの図をもとに様々な問題を回答していきます。自然科学などとは違い正解もなければ間違いもありません。大事なのはいかに深く考え論理だて、自分の意見を述べることができるかということです。いくつか例を紹介しましょう。

・時間はどちらの方向に進んでいますか?

・真実とはなんですか?

・世界の一部を変えることができたらどこをかえますか?それはどのように作用しますか?

・行くことができないパラレルワールドに行くとしたらそこはどんなところですが?

ここまででTOKにおいて学ぶことについて分かって頂けたでしょうか?

まとめると普段考えることもない(考える必要もないこと)を考えて正解のない正解を追い求め続けるのです。ここではじめの質問に戻ってみましょう。「あなたはいったい何者ですか?」あなたは何を目的に生きていますか?どんな能力があってそれをどのように使っていますか?それはあなたや周りの人々を幸せにしていますか?このように深く考えていけばこれらの質問に答えることができると思います。その答えはあなたにとってとても大切なことです。あなたが選択に迷ったときTOK的考え方で答えをだしてみてください。きっとあなたをいい方向に導いてくれます。